姫小島水門 横浜市金沢区 横浜金沢観光協会


横浜金沢観光協会
横浜市金沢区:イベント情報
イベント情報
イベント年間カレンダー
横浜金沢おすすめコース
横濱金澤シティガイドおすすめコース
金沢八景・新金沢八景
横浜金沢七福神
横浜市金沢区:観光スポット
観光施設
博物館
歴史文化施設
寺社
公園
レジャー
温泉
その他
宿泊
グルメ
ショッピング
交通
横浜金沢へのアクセス
金沢区へのアクセス
横浜市金沢区の紹介
金沢区について
金沢区の歴史
金沢区の四季
横浜金沢観光協会
広報よこかな
観光協会会員一覧
関連リンク
お問い合わせ
トップページ > 観光スポット > 観光施設 > 歴史文化施設 > 姫小島水門

金沢地区の干拓事業をすすめてきた永島家六代目段右衛門が、
金沢入江新田開発のため造ったものといわれています。

この新田開発は干潟を埋め立てて行ったため、
満ち潮のとき、海水の流入をどのようにして防ぐかという問題が発生しました。
この問題を解決したのがこの水門です。

門扉が海側にのみ開閉することにより、
潮が満ちれば水門が閉じ、
干潮のときには開いて宮川の水が流れ出るようになっていました。

姫小島の名前は「照手姫と小栗判官」伝承によると
照手姫が、この島で松葉いぶしの難に遭ったと云うことで、
この土地の人が哀れみ「姫小島」と呼ぶようになったそうです。

完成:天明5年(1785)
復元:平成5年(1993)

最寄駅 シーサイドライン・京急線「金沢八景駅」より徒歩5分

横浜金沢観光協会 横浜金沢観光協会

〒236-0028 神奈川県横浜市金沢区
洲崎町1-18  
TEL:045-780-3431  FAX:045-349-7035

Copyright (C) yokohama-kanazawakanko.com. All Rights Reserved