白山道奥磨崖仏

白山道奥磨崖仏(はくさんどうおくまがいぶつ)

白山道の右側奥の崖の中腹に、よく見ると大きな仏像の顔が掘り込まれています。
このように岩面や洞窟内の壁面に仏像を刻みつけたものを磨崖仏と呼んでいます。

ここにある磨崖仏は、永い間に風化し、僅かに岩肌に顔の部分だけが、約4m程、それとわかる輪郭でしか残されていません。
この磨崖仏の造られた年代や由来はわかりませんが、東光禅師との関連で、薬師如来の尊像を刻したものと考えられています。

六浦の大道にも鼻欠地蔵と呼ばれる磨崖仏がありますが、横浜市には、この磨崖仏と合わせて二つしかありません。

住所 神奈川県横浜市金沢区釜利谷南2-44付近
最寄駅 京急線「金沢文庫駅」よりバス「白山道」下車 徒歩20分


 
 

歴史・文化施設一覧観光施設一覧


~横浜金沢の地産地消を応援!金沢区初のビールと食の祭典~
『横浜金沢クラフトビール&グルメフェスタ2017』
2017年10月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム前広場で開催!入場無料!


横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定

横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が5月9日(火)に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞と横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP