厄神様

厄神様(やくじんさま)

戦国時代、上総・下総の豪族、里見義弘が、上杉謙信と合同で、小田原の北条氏を攻めました。
ところが里見勢が勝ち祝いにふけっている隙に北条軍が反撃してきて、逃げ遅れた里見軍の武将が六浦のこの地まで来て、人馬ともに力尽きて倒れ、「私を厄神のお社に祀ってくれるなら、この土地の守り神になってやろう」という頼みを聞いて、村人たちが櫓を掘り、祠を作ってあげました。

その後、六浦に悪い病気が流行した時に、三艘村(さんぞうむら)だけは悪疫から免れたので、厄除けの神様「厄神様」として村人の信仰を集め、毎年お祀りされています。

住所 神奈川県横浜市金沢区六浦南1-6
最寄駅 京急線「六浦駅」 徒歩10分


 
 

歴史・文化施設一覧観光施設一覧


~横浜金沢の地産地消を応援!金沢区初のビールと食の祭典~
『横浜金沢クラフトビール&グルメフェスタ2017』
2017年10月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム前広場で開催!入場無料!


横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定

横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が5月9日(火)に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞と横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP