谷津庚申塔

谷津庚申塔(やつこうしんとう)

谷津にある庚申塔は三基あり、向かって、左端に天明9年(1789)の青面金剛文字塔・中間に貞亨(じょうきょう)4年(1687)の青面金剛立像塔(しょうめんこんごうりゅうぞうとう)・右端に享保10年(1725)の青面金剛立像塔があります。

青面金剛は、庚申の日に祀られる夜叉神で、帝釈天の使者として病の治癒を祈る仏とされています。
庚申(こうしん)とは、60日に一度めぐってくる庚申(かのえさる)の日のことです。
庚申信仰は、無病息災、不老長生を念じる信仰ですが、当時庶民の命を縮めたのは、疫病と飢饉でした。
村人は、村に災いが入ってこないように、村境や辻に庚申塔を建て、庚申の日に集まって一夜を眠らずに過ごし、祈願していました。
 
 

住所 神奈川県横浜市金沢区谷津町228付近
最寄駅 京急線「金沢文庫駅」西口 徒歩5分

 
 

歴史・文化施設一覧観光施設一覧


~横浜金沢の地産地消を応援!金沢区初のビールと食の祭典~
『横浜金沢クラフトビール&グルメフェスタ2017』
2017年10月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム前広場で開催!入場無料!


横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定

横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が5月9日(火)に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞と横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP