手子神社

手子神社(てこじんじゃ)

祭神:大山祇命(おおやまつみのみこと)

社伝によると、文明55年(1473)、当時の釜利谷の領主伊丹左京亮(いたみさきょうのすけ)が、瀬戸神社の分霊を勧請したのが起源で、創建当初は宮ヶ谷にありましたが、延宝7年(1679)伊丹左京亮の末裔・江戸浅草寺の智楽院忠運権僧正(ちらくいんちゅううんごんそうじょう)が、現在地に再建して以来、釜利谷郷総鎮守として信仰を集めていると伝えています。
なお、現在の社殿は関東大震災後に再建したものです。

境内には、千尋の谷から這い上がる子とじっと待つ親という、珍しい狛犬があります。
また、境内社「竹生島弁財天」は、古くより金沢八景の一つ「小泉の夜雨」の勝景の中心として神社の東側にあったのですが、昭和15年海軍の施設建設により現在地の神社内に移建し遷祀されたものです。

住所 神奈川県横浜市金沢区釜利谷南1-1-8
最寄駅 京急線「金沢文庫駅」西口より徒歩15分


 
 

寺社一覧観光施設一覧


~横浜金沢の地産地消を応援!金沢区初のビールと食の祭典~
『横浜金沢クラフトビール&グルメフェスタ2017』
2017年10月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム前広場で開催!入場無料!


横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定

横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が5月9日(火)に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞と横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP