海の公園

金沢区のほぼ南端に、1キロメートルに及ぶ白砂青松が広がっています。
春には潮干狩り、夏には海水浴でこの広い浜辺が大勢の人で埋まってしまいます。
 
この公園は三つの異なる地域からできています。

シーサイドライン「八景島」駅近くの北部分は、小さな岩礁を配した荒磯となっています。

中央部の広い砂浜では潮干狩や海水浴、ビーチバレーが、海上ではボートセイリングが行われています。
また、身障者用の水陸両用車椅子も用意されています。

南部分にはバーベキュー場があり、家族連れやグループの交歓の場となっています。

この3地域の背後には、低い緩やかな緑の木々におおわれた築山が連なり、遊歩道やジョギングコースが作られています。

この公園は、横浜市が昭和30年代以降続けてきた海岸線の埋め立て事業で失われた市民の憩いの場である「海辺」を市民に返すということで、最後の埋め立て地のこの場所に人工の砂浜が造られました。

埋め立て前のこの付近の浜辺は、金沢八景の「乙艫帰帆」で有名な乙艫の海岸だったところで、戦前から有名な海水浴場でした。
その乙艫海岸の復元ともいえます。

海の公園(昭和63年開園)

住所 神奈川県横浜市金沢区海の公園10
電話番号

045-701-3450
バーベキュー専用電話:045-785-0259
(平日午前10時~午後5時)

最寄駅 シーサイドライン「海の公園南口駅」「海の公園柴口駅」
又は「八景島駅」より徒歩2分
駐車場 1688台収容
HP ホームページ
横浜・八景島シーパラダイス

横浜・八景島は、我が国最大級のピラミッド型水族館「アクアミュージアム」をはじめ、“自然の海”と“癒し”をテーマとした幻想的なイルカたちの「ドルフィンファンタジー」や海の生物たちとのスキンシップが楽しめる「ふれあいラグーン」、海育をコンセプトとした「うみファーム」 子どもも大人も楽しみながら海の生物と理解しあえる、素晴らしい水族館が中心のレジャースポットです。
・・・詳細;横浜・八景島シーパラダイス
 

シーサイド・スパ八景島

シーサイド・スパ八景島は、全国でも数少ない海水を使用したお風呂です。
八景島から汲み上げた無色透明の海水を、小柴漁港の漁師さんたちが1日3回運んでくれます。
海水にはミネラルが豊富に含まれており、いわゆる「温泉」と同じ成分で、様々な効果があります。
・・・詳細;シーサイド・スパ八景島
 
 
 

公園一覧観光施設一覧

魅力満載!横浜金沢 紹介動画

SNS


 

金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP