瀬戸橋

セトとは狭い門「ト」を意味する古い言葉です。
江戸時代中期までは瀬戸橋より北側の文庫駅や手子神社あたりまで内海が広がっていました。
瀬戸橋のあたりの狭くなった所は潮の流れが速く、小舟で渡るのも難儀でした。

鎌倉幕府は六浦の港を重視し、臨時の税金を徴収して瀬戸に橋をかけました。
そのお陰で、町屋・寺前などが発展しました。

広重の江戸名所図絵には、瀬戸橋のあたりの賑わいが描かれています。

住所 神奈川県横浜市金沢区瀬戸
最寄駅 京急線「金沢八景駅」より 徒歩8分


 
 

歴史・文化施設一覧観光施設一覧

SNS


2019横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定
横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が2019年6月4日に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞・横浜金沢文化協会理事長賞、横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP