金沢八幡神社

金沢八幡神社(かなざわはちまんじんじゃ)  

主祭神:応神天皇(おうじんてんのう)

寺前八幡神社と呼び親しまれて、江戸時代までは、八幡報恩寺(はちまんほうおんじ)という別当寺も神社の北側にありましたが、廃寺となって、神社の記録も残っていません。
金沢文庫の古文書に700年前の称名寺造営の運ぶ舟が八幡河岸(がし)に陸揚げした、とあることから、鎌倉時代に存在していたことがわかります。

明治41年に近くの小社が合祀したので主祭神の外三社の祭神も祀られています。
ここの八幡神社は霊験あらたかと、熱心な信者が参詣します。

道の分岐点にある神社で、毎年開かれる夏祭りは大変なにぎわいをみせる。

住所 神奈川県横浜市金沢区寺前1-10-19
最寄駅 京急線「金沢文庫駅」より徒歩12分


 
 

寺社一覧観光施設一覧

SNS


2019横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定
横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が2019年6月4日に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞・横浜金沢文化協会理事長賞、横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP