明治憲法草創の碑

江戸時代、金沢八景が観光名所として栄えていた頃、瀬戸橋近くには旅館や料亭が立ち並び賑わいをみせていました。
その中の一つが東屋でした。

明治20年(1887)、伊藤博文を中心に、井上毅、伊東巳代治、金子堅太郎の4名が、この東屋で明治憲法の草案づくりをしていました。
ある日、その草案原稿の入った鞄の盗難事件が起こり、それを機会に、その後は夏島にある伊藤博文の別荘で草案づくりは続けられました。

昭和10年、金子堅太郎により東屋の庭に「憲法草創の碑」が建てられましたが、昭和30年東屋の廃業により、一時野島に移され、「歴史の道」整備の折、現在の三叉路ロータリーに設置されました。

最寄駅 京浜急行線・シーサイドライン 金沢八景駅」より 徒歩5分


 
 

歴史・文化施設一覧観光施設一覧


~横浜金沢の地産地消を応援!金沢区初のビールと食の祭典~
『横浜金沢クラフトビール&グルメフェスタ2017』
2017年10月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム前広場で開催!入場無料!


横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定

横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が5月9日(火)に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞と横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP