鼻欠地蔵 横浜市金沢区 横浜金沢観光協会


横浜金沢観光協会
横浜市金沢区:イベント情報
イベント情報
イベント年間カレンダー
横浜金沢おすすめコース
横濱金澤シティガイドおすすめコース
金沢八景・新金沢八景
横浜金沢七福神
横浜市金沢区:観光スポット
観光施設
博物館
歴史文化施設
寺社
公園
レジャー
温泉
その他
宿泊
グルメ
ショッピング
交通
横浜金沢へのアクセス
金沢区へのアクセス
横浜市金沢区の紹介
金沢区について
金沢区の歴史
金沢区の四季
横浜金沢観光協会
広報よこかな
観光協会会員一覧
関連リンク
お問い合わせ
トップページ > 観光スポット > 観光施設 > 歴史文化施設 > 鼻欠地蔵

金沢区に残っている、二つの磨崖仏(まがいぶつ)の一つです。

昔、朝比奈町は相模国鎌倉郡に属し、峠村と呼ばれていました。

ここは鎌倉と金沢を結ぶ大切な街道で、
この地蔵の東わずか2メートルの所が、武蔵の国との国界(くにざかい)でした。

これから西は相州、東は武州で相武の境にあたるので、「界の地蔵」、
また鼻が欠けているところから「鼻欠地蔵」とも呼ばれていました。

この地蔵から北へ行く道があり、
釜利谷に出て能見堂に登る道と、
本郷の入り口で大船の方にも抜けられる岐れ道もある交通の要所でした。

今は風化が進み、
地蔵の顔や姿は説明されないとわからない程になってしまいました。

最寄駅 京急線「金沢八景駅」より京急バス
「大道中学校前」下車 前方

横浜金沢観光協会 横浜金沢観光協会

〒236-0028 神奈川県横浜市金沢区
洲崎町1-18  
TEL:045-780-3431  FAX:045-349-7035

Copyright (C) yokohama-kanazawakanko.com. All Rights Reserved