県立金沢文庫

金沢文庫は、称名寺と小山を隔てた場所に造られた、 我が国で現存する最古の武家文庫です。

ここには、金沢北条氏の歴代が蓄積した文書・記録・和漢の典籍が保管されていました。
称名寺とはトンネル(中世の隧道)でつながっています。
鎌倉幕府が滅亡した後に接収をまぬがれた書物や書類は、 称名寺で保管されました。

明治30年に伊藤博文の斡旋によって、大宝院に金沢文庫が再建されました。
関東大震災で被害を受けた後、 昭和5年、神奈川県と大橋新太郎が費用を折半し、阿字が池の横の広場に「神奈川県立金沢文庫」を造りました。

平成2年、現在の場所に「県立金沢文庫」が建てられ、称名寺とつなぐ新しいトンネルも作られました。

館内には、数々の国宝・文化財の絵画・古文書等の外に、1階奥に称名寺金堂の内部が復元されています。
中央に金色に輝く弥勒菩薩(レプリカ)、その背後には弥勒来迎図(復元模写)弥勒浄土図(復元模写)が色鮮やかに蘇り、浄土の世界を体感できる空間となっています。

創建:不明
※但し14世紀初頭には確認

住所 〒236-0015
神奈川県横浜市金沢区金沢町142
電話番号 045-701-9069
最寄駅 シーサイドライン「海の公園南口駅」又は「海の公園柴口駅」より徒歩10分
京急線「金沢文庫駅」より徒歩12分
営業時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜、祝日の翌日、年末年始(12/29~1/3)
料金 20才以上(学生除く)250円、20才未満・学生150円(団体割引あり)、65才以上・高校生100円
※特別展開催時には、特別展料金があります。
HP ホームページ

 
 

博物館一覧観光施設一覧


~横浜金沢の地産地消を応援!金沢区初のビールと食の祭典~
『横浜金沢クラフトビール&グルメフェスタ2017』
2017年10月7日(土)~9日(月・祝)の3日間、横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム前広場で開催!入場無料!


横浜金沢写真連盟・横浜金沢観光協会合同公募展 入賞作品決定

横浜金沢観光協会と横浜金沢写真連盟が主催する写真コンクール(3月に募集)の審査が5月9日(火)に行われ、たくさんの作品の中から入賞作品が決まりました。
ホームページでは全入賞作品名の発表と横浜金沢写真連盟大賞と横浜金沢部門の入賞作品画像を掲載いたします。


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP