県立金沢文庫 ようこそ金沢文庫文書へ 7/1~

県立金沢文庫
神奈川県立金沢文庫は新型コロナウイルス感染予防のため、6月9日から段階的に開館してきましたが、7月1日(水)から1階展示を開室いたします。
7月31日(金)からは全面再開し、企画展「江戸刷り物品定メ」~二代目金沢文庫長の秘策~」を開催いたします。
 
※7月26日(日)までは「事前予約制」となっております。
予約方法等、詳細は金沢文庫HPをご覧ください。
かなぶんcafeは引き続きお休みいたしますのでご注意ください。
 
●1F展示室(無料開放)
 「国宝 金沢文庫文書データベース
 公開特別展示 ようこそ金沢文庫文書へ ―中世の病と祈りを素材に―」

会期 7月1日(水)~7月26日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)

 
●企画展 江戸刷リ物品定メ ~二代目金沢文庫長の秘策~
今から90年前に開館した神奈川県立金沢文庫は、初代文庫長関靖と、神奈川県初の司書熊原政男の二人の専門職員によってはじめられました。
開館当初の「精神文化の育成」という設立目的は、第二次世界大戦中、戦意高揚に利用され、戦後の金沢文庫は難しい局面を迎えます。このとき二代目文庫長に就任した熊原は、郷土意識を盛り立て戦後復興の原動力とする活動を積極的にして、危機を乗り切るという「秘策」を繰り出します。開館以来収集してきた近世の版本類を、絵図・地図、金沢八景、徒然草といったテーマのもとにコレクション化して、神奈川県近郊の催事場に出開帳し、関連書籍を出版して、金沢文庫をおおいにアピールしたのです。
本展示では、二代目金沢文庫長が品定めした江戸時代の刷り物によって、神奈川県立金沢文庫のはじまりの物語を紡ぎます。

会期 7月31日(金)~9月27日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)
交通 京急線「金沢文庫」駅下車、徒歩12分
シーサイドライン「海の公園南口」駅より 徒歩10分
観覧料 20歳以上 250円
20歳未満・学生 150円
65歳以上 100円
高校生 100円
中学生以下・障がい者の方は無料

 
≪次回展示予告≫
令和2年10月2日(金)~11月29日(日)
企画展  あの時の金沢文庫1964
 
休館日
月曜日(8月10日、9月21日除く)、8月11日(火曜日)、9月23日(水曜日)
※新型コロナウイルス感染症防止のため、展示室の混雑状況により人数制限(最大20名)を設ける場合があります。
 

交通 京急線「金沢文庫」駅下車、徒歩12分
シーサイドライン「海の公園南口」駅より 徒歩10分
問合せ 神奈川県立金沢文庫 045-701-9069
ホームページ

 
 

◆今月のイベント情報一覧◆

 
 

関連記事

  1. 第9回金沢ブランド 募集

  2. ガイドマップ&紹介動画が出来ました!

  3. 【6/4より営業再開】三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド

  4. 第3回金沢八景シーカヤックレース 9/13

  5. 横浜金沢エリア 周遊クーポン プレゼントキャンペーン 7/10~8/31

  6. 横浜金沢魅力写真大募集

  7. 長浜ホール

  8. 富岡八幡公園 プール 営業中止のお知らせ

  9. 金沢区のバーベキュー

魅力満点!横浜金沢 紹介動画

SNS




金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNEWSランニング

PAGE TOP