県立金沢文庫 兼好法師と徒然草 ~7/24迄

県立金沢文庫
◆特別展「兼好法師と徒然草―いま解き明かす兼好法師の実像―」
兼好は鎌倉時代後期に京都・吉田神社の神職である卜部家に生まれ、六位蔵人・左兵衛佐となり朝廷に仕えた後、出家して「徒然草」を著す。―この広く知られていた彼の出自や経歴は、兼好没後に捏造されたものであることが、小川剛生氏の記した『兼好法師』により、近年明らかとなりました。若かりし頃の兼好は、金沢北条氏被官として過ごしていたことなど、国宝 称名寺聖教・金沢文庫文書を紐解くことで知られざる実像が解明されつつあります。本展では、中世を代表する随筆『徒然草』にみえる、兼好の才知に親しみつつ、歴史史料から兼好の実像と彼の生きた時代について、関連する文化財から読み解いてみたいと思います。

会期 5月27日(金)~7月24日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)
観覧料 一般500円(400円)
20歳未満・学生400円(300円)
65歳以上200円(100円)
高校生100円
中学生以下・障がい者の方は無料
※( )は20名以上の団体料金


クリックするとPDFファイルが開きます
 
◆鉄道開通150年記念 企画展「湘南電鉄と県立金沢文庫 ―楠山永雄コレクション鉄道資料―」
昭和5年(1930)8月の神奈川県立金沢文庫開館に先立ち、4月1日に湘南電鉄(現京浜急行電鉄)が開業し、金沢文庫駅が誕生しました。金沢八景を中心とした楠山永雄コレクションには、関連資料として湘南電鉄及び京浜急行のパンフレットや切符類が平成までそろい、横浜市電、国鉄・JR、シーサイドラインの切符類なども含まれています。本展では、これらの鉄道関係資料を一堂に展示いたします。
また、楠山氏が勤めていた乳業会社関連で集めた牛関係資料や、戦争関係資料も展示し、楠山永雄コレクションの多彩さを紹介します。切符好きの方、京急ファンの方、金沢区民、こどもたち、大集合!

会期 7月29日(金)~9月11日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)
観覧料 一般250円(150円)
20歳未満・学生150円(100円)
65歳以上・高校生100円
中学生・障がい者の方は無料
※( )は20名以上の団体料金


 
※感染防止対策として、入場制限を行う場合があります。
 

休館日 毎週月曜日、8月12日(金)
交通 京急線「金沢文庫」駅下車、徒歩12分
シーサイドライン「海の公園南口」駅より 徒歩10分
問合せ 神奈川県立金沢文庫 045-701-9069
ホームページ

 
 

◆今月のイベント情報一覧◆

 
 

関連記事

  1. 旧川合玉堂別邸(二松庵)庭園 9/4

  2. 商店街の催し2018夏

  3. 旧川合玉堂別邸(二松庵)庭園 4/2

  4. 金沢動物園 2020年10月のイベント

  5. 金沢工場3R夢!フェスタ2019 10/20

  6. 横浜・八景島シーパラダイス 夏イベント『ナツパラ!』

  7. 柴漁港 ホタテ浜焼き会 2018/2/24

  8. 2021初日の出スポット

  9. 富岡八幡宮 うべえじゅう(夜神楽) 11/8

魅力満点!横浜金沢 紹介動画


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

SNS



イベントNEWSランニング

一般社団法人横浜金沢観光協会


〒236-0028
神奈川県横浜市金沢区洲崎町1-18
協働オフィス金沢内
TEL:045-780-3431(平日9:00~17:00)
FAX:045-349-7035

・・・一般社団法人 横浜金沢観光協会

PAGE TOP