神奈川県立金沢文庫 金沢文庫の肖像―国宝四将像全幅公開― 5/21迄

神奈川県立金沢文庫
◆特別展「金沢文庫の肖像―国宝四将像全幅公開―」    
武州金沢の古刹・称名寺には、鎌倉幕府の要職を務めた金沢北条氏の歴代当主の肖像画(四将像)が伝えられています。金沢北条氏の居館の持仏堂からはじまった称名寺は、北条実時(1224〜76)が叡尊(1201〜90)に帰依したことから、律の寺として改められました。そのため、極楽寺の忍性(1217〜1303)に推挙され、下野薬師寺から開山として迎えられた審海(1229〜1304)をはじめ、西大寺流の律僧像も多く伝えられています。本展では、称名寺伝来の肖像を中心に、像主の追善供養や祖師忌などの法会に関する古文書、聖教のほか、ゆかりの袈裟や法具などをあわせてご覧頂きます。
《同時開催》特別公開「新発見・再発見の仏像―金沢文庫の研究活動から―」

会期 3月31日(金)~5月21日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)
観覧料 一般 500円(400円)
20歳未満・学生 400円(300円)
65歳以上 200円(100円)
高校生 100円(学校行事は無料)
中学生以下・障がい者の方は無料
※( )は20名以上の団体料金


クリックするとPDFファイルが開きます
 
◆特別展「社寺明細帳図―明治13年神奈川県下の神社・寺院の姿―」
明治維新の廃仏毀釈の後、明治12年(1879)に内務卿伊藤博文が全国の神社・寺院の調査を命じて作成した「社寺明細帳」という各郡の基本台帳があります。所在地と敷地面積、建物の場所や大きさ、祭神・本尊などが文字で記録されました。神奈川県では翌明治13年(1880)図面を4枚作成するように命じたのです。この図面がこの展覧会でご紹介する「社寺明細帳図」です。明治13年頃、140年前の神奈川県下の神社・寺院の姿をぜひご覧ください。
 
《同時開催》「金沢東照宮の徳川家康像」
京急線・金沢八景駅横にあった金沢東照宮(現在の金沢八景権現山公園敷地内)の祭神・徳川家康像を特別公開します。

会期 5月26日(金)~7月23日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)
観覧料 一般 400円(300円)
20歳未満・学生 250円(200円)
65歳以上 200円(100円)
高校生 100円
中学生以下・障がい者の方は無料
※( )は20名以上の団体料金


クリックするとPDFファイルが開きます
 

 

休館日 毎週月曜日(5月1日、7月17日開館)、7月18日(火)
交通 京急線「金沢文庫」駅下車、徒歩12分
シーサイドライン「海の公園南口」駅より 徒歩10分
問合せ 神奈川県立金沢文庫 045-701-9069
ホームページ

 
 

◆今月のイベント情報一覧◆

 
 

関連記事

  1. 金沢漁港「海産物フェスタ」2018/2/25

  2. 東北応援!! 海の公園 かき小屋 11/1~3/31

  3. 2022年唐辛子苗植え付け体験参加者募集 5/1

  4. かなざわの夏祭り

  5. 旧川合玉堂別邸(二松庵)庭園 3/2

  6. 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド Bayside 3rd Anniversary 6/3~ 他…

  7. (2022/11/24現在)新型コロナウイルス感染症対策による中止イベントについて

  8. 長浜ホール ゆめかもん15周年記念生涯学習フェスティバル2022 10/22他

  9. 富岡八幡宮 秋季大祭 9/24・25

魅力満点!横浜金沢 紹介動画


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「横浜金沢ブランド」

SNS

イベントNEWSランキング

一般社団法人横浜金沢観光協会


〒236-0028
神奈川県横浜市金沢区洲崎町1-18
協働オフィス金沢内
TEL:045-780-3431(平日9:00~17:00)
FAX:045-349-7035

・・・一般社団法人 横浜金沢観光協会

PAGE TOP