手子神社

手子神社(てこじんじゃ)

祭神:大山祇命(おおやまつみのみこと)

社伝によると、文明55年(1473)、当時の釜利谷の領主伊丹左京亮(いたみさきょうのすけ)が、瀬戸神社の分霊を勧請したのが起源で、創建当初は宮ヶ谷にありましたが、延宝7年(1679)伊丹左京亮の末裔・江戸浅草寺の智楽院忠運権僧正(ちらくいんちゅううんごんそうじょう)が、現在地に再建して以来、釜利谷郷総鎮守として信仰を集めていると伝えています。
なお、現在の社殿は関東大震災後に再建したものです。

境内には、千尋の谷から這い上がる子とじっと待つ親という、珍しい狛犬があります。
また、境内社「竹生島弁財天」は、古くより金沢八景の一つ「小泉の夜雨」の勝景の中心として神社の東側にあったのですが、昭和15年海軍の施設建設により現在地の神社内に移建し遷祀されたものです。

住所 〒236-0045
神奈川県横浜市金沢区釜利谷南1-1-8
最寄駅 京急線「金沢文庫駅」西口より徒歩15分
永島農園

釜利谷で地元に根ざした農業をめざし2013年3月から直農作物や加工品の直売をしています。
ハウス内で、これが美味しいっと思う品種のシイタケを栽培しています。
朝採りシイタケの鮮度を是非お試しください。
・・・詳細;永島農園
 

自性院

当院は、竹岩正猷庵主(ちくがんせいゆうあんしゅ)伊丹三河守が永正十年(1513)足利陣所にて討死した二子、亀泉童子(きせんどうじどうじ)、龍珠童子(りゅうじゅどうじ)の菩提を弔って建立したと伝えられています。
・・・詳細;自性院
 
 
 
 

寺社一覧観光施設一覧

魅力満載!横浜金沢 紹介動画

SNS


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP