神奈川県立金沢文庫 廃墟とイメージ -憧憬、復興、文化と生成の場としての廃墟- 11/26まで

神奈川県立金沢文庫
◆特別展「廃墟とイメージ─憧憬、復興、文化と生成の場としての廃墟─」
北条実時(1224~76)が晩年に建てた金沢文庫には収集した和漢の書物が収められ、歴代の当主に引き継がれましたが、鎌倉幕府の滅亡とともに主を失った金沢文庫は朽ち、書物の多くは散逸してしまいました。しかし、一族の滅亡後も多くの旅人がこの地を訪れ、在りし日の金沢北条氏の栄華に思いを馳せました。本展覧会では、日本における「廃墟」の表徴とその歴史を国宝・重要文化財など約100 点からたどり、鎌倉武士が栄華を誇った故地から、「廃墟」の文化史について考えたいと思います。

会期 9月29日(金)~11月26日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)
観覧料 一般 700円(600円)
20歳未満・学生 500円(400円)
65歳以上 200円(100円)
高校生 100円
中学生以下・障がい者の方は無料
※( )は20名以上の団体料金


クリックするとPDFファイルが開きます
 

 
◆特別展「中世寺院の書物――聖教とそのかたち」
書物は作られる環境によって様々な形態を取りますが、寺院で僧によって書写された書物には、装訂や形態の面で寺院圏ならではの特徴があります。本展覧会では、中世の寺院において書写あるいは印刷された本の表紙や装訂、紙背文書、書記形態など、本のかたちの面に注目し、国宝「称名寺沢文庫文書」を書誌学的な観点から紹介します。

会期 12月1日(金)~令和6年1月21日(日)
観覧時間 9:00~16:30(入館16:00まで)
観覧料 一般 600円(500円)
20歳未満・学生 500円(400円)
65歳以上 200円(100円)
高校生 100円
中学生以下・障がい者の方は無料
※( )は20名以上の団体料金


 
 

休館日 毎週月曜日、11月24日(金)、11月27日(月)~11月30日(木)
交通 京急線「金沢文庫」駅下車、徒歩12分
シーサイドライン「海の公園南口」駅より 徒歩10分
問合せ 神奈川県立金沢文庫 045-701-9069
ホームページ

 
 

◆今月のイベント情報一覧◆

 
 

関連記事

  1. 金沢工場3R夢(スリム)フェスタ2023 11/19

  2. 文化講演会「鎌倉殿をとりまく御家人衆の相克と金沢」 11/13

  3. シーサイドライン 横浜金澤七福神記念硬券 12/10~

  4. 旧伊藤博文金沢別邸 3月のイベント

  5. アマモ苗移植会 2018/4/30

  6. 県立金沢文庫 特別展「東アジア仏教への扉」 12/4~

  7. 旧川合玉堂別邸(二松庵)庭園 8/6

  8. 海まちさんぽ おんらいん インスタグラム

  9. 第78回 花まつり大会 稚児行列 4/7

魅力満点!横浜金沢 紹介動画


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「横浜金沢ブランド」

SNS

イベントNEWSランキング

一般社団法人横浜金沢観光協会


〒236-0028
神奈川県横浜市金沢区洲崎町1-18
協働オフィス金沢内
TEL:045-780-3431(平日9:00~17:00)
FAX:045-349-7035

・・・一般社団法人 横浜金沢観光協会

PAGE TOP