龍華寺

知足山(ちそくざん) 龍華寺(りゅうげじ) (真言宗御室派)

源頼朝が瀬戸神社を建立した後、文覚上人と共に瀬戸神社の別当寺として六浦山中に建てた「浄願寺(じょうがんじ)」が始まりといわれています。

その後、戦乱や火災で浄願寺の伽藍が荒廃したため、明応8年(1499)当時の雄弁(ゆうべん)上人が、兼務していた光徳寺と合併し、当地に移築、龍華寺となりました。
800年以上の歴史を持つお寺だけに、貴重な宝物が所蔵されています。
また、牡丹などの花の寺としても知られます。

脱活乾漆造(だっかつかんしつづくり)の菩薩座像:
天平時代の作と思われ、東海地方以東、初めて発見されました。(平成10年)

梵鐘:
天文10年(1541)の銘がありますが、鎌倉時代後期の作ではないかと思われます。

永島家一族の墓:
金沢で新田開発に尽力した歴代の墓があります。

地蔵堂とまわり地蔵:
山門横の立派な建物は地蔵堂で、中には約500年前、地元洲崎の村人の浄財によって造られた、高さ76センチメートルの寄せ木造りの地蔵菩薩座像と、約150年前、海岸に打ち上げられていた、身の丈17センチメートルの「まわり地蔵」が祀られています。
この小さな地蔵はかっては厨子に入れられ、3日ごとに村の家々を回って拝まれていたそうです。

本尊:大日如来(だいにちにょらい)
開山:文覚上人(もんがくしょうにん)
創建:文治5年(1189)
開基:源頼朝(みなもとよりとも)

住所 〒236-0028
神奈川県横浜市金沢区洲崎9-31
電話番号 045-701-6705
最寄駅 京急線「金沢八景駅」より徒歩7分
拝観時間 9~17時
拝観料 境内自由


 
 

寺社一覧観光施設一覧

SNS


金沢区生まれのいいもの、おいしいもの「金沢ブランド」

イベントNewsアクセスランキング

PAGE TOP